南アフリカに完敗しワールドカップ本番に暗雲!?

ラグビー日本代表にとって、9月20日から始まるラグビーワールドカップ前の最後のテストマッチ・南アフリカ戦が行われました。

結果は、41-7。

完敗でした。

南アフリカ代表の強烈なディフェンス


思い返せば4年前のラグビーワールドカップで、日本代表が南アフリカを破った試合は、スポーツ界で最大の番狂わせだと言われ、世界中に衝撃を与えましたよね。

日本ラグビーにとって、大きな転換点となった試合でした。

そして、日本で開催されるラグビーワールドカップを前に、その「再現」を!

と盛り上がっていたわけですが、今回はスコアほどの差はないにせよ、完敗というほかないでしょう。


キャプテンのリーチマイケルや、田村優、流大、稲垣啓太など、「ディテールの差」だということを試合後に語っていました。

世界トップとの試合では、ちょっとした「ディテールの差」が、大きな得点差となってしまうこともある、と。

ラグビー日本代表と南アフリカ

確かにそれは言えるでしょうね。

日本のアタックが通用している時間帯は間違いなくありました。

日本のアタックが通用している時間帯

あともう少し精度が高いプレーを1~2つ継続できればトライを取れるという場面で、プレーの精度が落ちて南アフリカのディフェンスを崩し切ることができませんでした。

日本代表のアタック

前半の何度か、後半最初の機会に、トライを取り切ることができれば、その後の試合展開は大きく変わった可能性もありますよね。

でも、それが「世界トップとの差」ということになるのでしょう。


その他、分かりやすく差が出たのが「キック処理」ですよね。

南アフリカは、スクラムハーフのフランソワ・デクラーク、スタンドオフのハンドレ・ポラードの所で、徹底的にパントを上げてきました。

そのキックに対して何度か致命的なミスを犯しましたね。

そしてミスを犯さないまでも、相手のキックに対して効果的なアタックにつなげることがほとんどできませんでした。

逆に、南アフリカは日本のキックからトライに結びつけたプレーがありました。

現代ラグビーは、本当にキックの重要性が高まっているということが如実に表れた試合でもありました。

南アフリカがキックを多用してきたので、ボールポゼション(ボール保持率)は、日本が6割程度と上回っていたわけですが、それはJSPORTSで解説の沢木敬介さんが言っていたように、南アフリカに「ボールを持たされている」のであって、相手にコントロールされている状態だということなんですよね。

シア・コリシの強烈なタックル

この試合を間違いなく分析してくるアイルランドやスコットランドは、同じようにキックの比率を高めてくるでしょう。

そのキック処理の出来によって、僅差の試合に持ち込む事ができるのか、大差の試合になってしまうのか、分岐点となってくるでしょう。


そして気になるのは、福岡堅樹アマナキ・レレイ・マフィ怪我ですよね。

福岡堅樹の怪我

アマナキ・レレイ・マフィは肩の怪我で1~2週間程度で復帰できると発表されましたが、福岡堅樹の怪我の深刻度合いは分かりません

アマナキ・レレイ・マフィ

福岡堅樹の交代で入ったアタアタモエアキオラは、何度はルーズなプレーが見られたので、やっぱり福岡堅樹は絶対に必要な選手ですよね。

ワールドカップまでいよいよ2週間、どこまで課題を修正するのことができるか、期待して本番を待ちましょう。


南アフリカラグビーワールドカップが開催された際の「奇跡のストーリー」が描かれた映画『インビクタス/負けざる者たち』について記事を書きました。

是非読んでみてください。

⇒⇒ 『インビクタス/負けざる者たち』について


南アフリカ戦はJSPORTSで見逃し配信されます。

また、ラグビーワールドカップの全試合がJSPORTSで放送されます。

⇒⇒ JSPORTS公式サイト

  • コメント: 0

関連記事

  1. 『ラグビー・トップリーグ・カップ』決勝は神戸製鋼 vs.クボタ

  2. ラグビー日本代表・トンガ代表戦のメンバー

    ラグビー日本代表・トンガ代表戦のメンバー発表!

  3. ウェールズ代表が感激した北九州少女の可愛すぎる聖歌【動画】

  4. 平尾誠二さんが亡くなって5年目にして想う事

  5. 堀江翔太の感動をよぶ献身的プレーがアイルランド戦勝利の一因

  6. ジェイミー・ジョセフ 日本代表ラグビー監督の続投が正式決定!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。