トップリーグでラグビーワールドカップ日本代表選手を応援しよう!

ジャパンラグビー・トップリーグ2020年1月12日(日)にスタートします!

あの日本中を感動の渦に巻き込んだワールドカップが終わった後、ラグビーロスに陥っている人も多いと言われています。

そんなラグビーに飢えているファンにとって、トップリーグは感動を再び味わえる待ちに待った機会になると思います。

日本代表キャプテン・リーチ・マイケル始め、笑わない男・稲垣啓太、涙もろい田中史朗などなど、ワールドカップ戦士が勢ぞろいする日本最高峰のリーグです。

16チームが総当たりで戦い、優勝が決まります。

開幕戦は1月12日(日)です。

早速、開幕戦のカードを見てみましょう。

トップリーグ開幕戦のカード

一番注目されているカードは、「東芝 vs. サントリー」ですね。

東芝は、日本代表キャプテン・リーチマイケルが何と言っても大黒柱ですね。

ワールドカップでも、リーチがボールを持って突進するたびに、会場から「リーチ!」という大合唱が沸き起こっていました。

また、そのような大合唱が秩父宮でも沸き起こってもらいたいですよね。

リーチマイケル

リーチは、ワールドカップで強豪国と対戦するため、大きくしていた体をかなり絞り込んで、国内仕様にモデルチェンジしているようです。

ワールドカップの時以上に、キレのある動きが見れるかもしれませんね。

あとは、ワールドカップでは試合に出られず悔しい思いをしたフランカーの徳永祥尭も期する思いがあるでしょう。


対するサントリー。

サントリーは多くの日本代表選手を送り出しました。

スクラムハーフの流大、ウィングの松島幸太郎、センターの中村亮土。フランカーのヘンドリック・ツイ。フッカーの北出卓也

特に、流大・松島幸太郎・中村亮土の三人は、日本代表のバックスでも中心選手でした。

松島幸太郎

サントリーの高速アタックが、昨年よりどれほど進化しているのか、楽しみですよね。

昨年は、決勝戦で神戸製鋼に屈辱の大敗を喫してしまいました。

その悔しさを胸に一年間取り組んできたと思うので、例年以上にハングリーなサントリーが見られると思います。

開幕戦から、壮絶な戦いが期待できそうです。


僕が最も注目しているカードは、「神戸製鋼 vs. キャノン」です。

神戸製鋼は、昨年、本当に久しぶりに優勝することができました。

ニュージーランドの伝説的コーチ、ウェイン・スミスが総監督に就任して、たった一年で見違えるほど素晴らしいチームに劇的に変化しました。

ボールを上手く動かす、見ていて面白い素晴らしいラグビーを見せてくれましたよね。

神戸製鋼のラグビー

そして今年は、戦力がさらに充実しているんです。

何といっても一番大きいのは、世界最高のロックと言われているブロディ・レタリックの加入でしょう。

ワールドカップでもオールブラックスフォワードの中心選手として活躍していました。

身長204cm・体重121kgという巨体にも関わらず、フィットネスが高く、休みなく常に動き続けるのが最大の長所かもしれません。

あるラグビー評論家は、ブロディ・レタリックを、

「現代ラグビーの完成形」

と表現していました。

それほどの選手が神戸製鋼に加入したわけです。

更には、ワールドカップで、日本代表バックスの中心選手であった、センターのラファエレティモシーが移籍してきました。

ラファエレティモシー

そしてワールドカップでは試合に出れませんでしたが、アタアタ・モエアキオラも国内の試合では大爆発しそうな予感がします。

アタアタ・モエアキオラ

山中亮平もワールドカップで自信を深めただろうし、ダンカーターは健在だし、現在トップリーグで最も層が厚いチームになったかもしれませんね。

神戸製鋼でレギュラーとして試合に出るだけでも大変な状況です。

なので、神戸製鋼は今年も間違いなく強いですね。

そして何といっても、「yeaboii」の中島イシレリを多くのファンが見に来るでしょう(笑)

中島イシレリ

あの豪快な突進は、去年も他のチームの脅威でしたが、今年は更に動けるようになっているのでボールを持つ機会も増えそうです。


対するキャノン。

ここ数年は成績が振るいませんが、今年は少し違うかもしれませんね。

何と言っても目玉は、田中史朗、田村優の日本代表ハーフ団でしょう。

ワールドカップ後、田村優は色んなテレビ、雑誌に登場して、今一番注目されているスポーツ選手かもしれませんね。

トニーブラウンに「調子が良い時は世界で3本の指に入るスタンドオフ」とまで言わしめたファンタジスタ型の魅力あふれるスタンドオフ・田村優

田村優

彼のスキルが思う存分発揮できる展開になれば、キャノンもあなどれない存在になってくるでしょう。


以上、2試合に注目してみましたが、他にも魅力的なカードがあります。

選手達は、ワールドカップで日本中がラグビーに注目した熱気を冷めさせないように、必死になって熱い試合を見せてくれるでしょう。

今シーズンのトップリーグは、間違いなく最もレベルの高い、最も熱い試合が続くと思います。

ワールドカップの興奮と感動をまた味わいたいなら、トップリーグの試合が絶対におススメですよ。


トップリーグの全試合はJSPORTS(スカパー)で放送されます。

⇒⇒ JSPORTS(スカパー)公式サイト

JSPORTSは、テレビでBS放送が視聴できる場合、ネットでの簡単な手続きですぐに視聴できるようになりますよ。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フィジーのランニングラグビー

    地上波で放送されないラグビーワールドカップの好カードを紹介

  2. ジェイミー・ジョセフ 日本代表ラグビー監督の続投が正式決定!

  3. 福岡堅樹

    ラグビー日本代表がトンガ代表に完勝!JSPORTSで見逃配信中!

  4. ウェールズ代表が感激した北九州少女の可愛すぎる聖歌【動画】

  5. アイルランドが強さを見せつけてスコットランドを圧倒する

  6. 南アフリカに完敗しワールドカップ本番に暗雲!?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。