南アフリカ戦のメンバー発表【ラグビー日本代表】

山中亮平

南アフリカ戦のメンバーが発表されました!

【フォワード】

(1)稲垣啓太
(2)堀江翔太
(3)具智元
(4)トンプソン・ルーク
(5)ジェームス・ムーア
(6)リーチ・マイケル
(7)ピーター・ラブスカフニ
(8)姫野和樹

【バックス】

(9)流大
(10)田村優
(11)福岡堅樹
(12)中村亮土
(13)ラファエレ・ティモシー
(14)松島幸太朗
(15)山中亮平

【リザーブ】

(16)坂手淳史
(17)中島イシレリ
(18)ヴァルアサエリ愛
(19)ヴィンピー・ファンデルヴァルト
(20)アマナキ・レレイ・マフィ
(21)田中史朗
(22)松田力也
(23)レメキ ロマノ ラヴァ

安定のメンバーという印象ですね。

具智元の怪我が心配でしたが大丈夫のようですね。

具智元

スコットランド戦で途中退場した際の男泣き、その動画が90万回以上も再生され話題にもなりました。

⇒⇒ 具智元の男泣き動画

あの悔しさを、最強スクラムの南アフリカにぶつけてもらいたいですね。


そして、山中亮平がフルバックの先発ですね!

ジェイミージョセフの采配の特徴は、良い仕事をした選手は次の試合も基本的には使う、ということだと思います。

スコットランド戦のウィリアム・トゥポウは非常によかったので、そのままフルバックの先発で起用されると予想していました。

しかし、この大一番で山中亮平が抜擢されました。

※ウィリアム・トゥポウは脳震盪で試合には出られないと後ほど発表されていました。

色んなところで報道されていますが、南アフリカ戦が行われる10月20日は、平尾誠二さんの命日なんですよね。

平尾誠二さんが亡くなって5年目にして思う事

平尾誠二さんの最後の愛弟子ともいえる山中亮平が、その日に先発というのも何か運命的なものを感じます。


2011年に早稲田大学から鳴り物入りで神戸製鋼に入った山中亮平

神戸製鋼の山中亮平

早稲田大学当時、すでに日本代表入りしていた山中亮平のラグビー人生は順風漫歩だと誰もが思っていました。

しかしそのあと、地獄のような日々が待っていたのですね。

日本代表の合宿中、ヒゲを伸ばすために使った育毛剤が原因でドーピング陽性となってしまい、2年間の出場停止処分になったのです。

その間、全くラグビーができないわけですね。

神戸製鋼には社員選手としてではなく、プロとして入った山中亮平。

なので当然、解雇だと思われたわけです。

しかし、平尾誠二さんは山中亮平に、「お前には未来がある。俺が絶対に何とかしたるから辛抱して頑張れ」と励ましてくれたようです。

そして、神戸製鋼に社員として残ることができたわけです。

その2年後、山中亮平はまたプロ選手として神戸製鋼ラグビー部に復帰するわけです。

この地獄のような辛い2年間を乗り越えたことで、山中亮平は人間として大きく成長したと言われています。

ラグビーボールは全く持たず、とにかくウェイトトレーニングに励み、鋼のような肉体を手に入れました。

この強い体を作り上げたことで、大学時代はタックルが弱いと言われていたのですが、その弱点も見事に克服したわけですね。

山中亮平


南アフリカ戦の前にした記者会見で、平尾誠二さんのことを聞かれた山中亮平は、

「僕にとって、すごい日に試合がある」

と、しみじみと語っていました。

そして、平尾さんが何て声をかけてくれると思うか?との質問には、

『よく頑張った』と言ってくれると思う。『思い切って楽しんでやるだけだ』と言ってくれる気がする」

と、答えていました。

南アフリカ戦当日、山中亮平は色んな人の思いを背負って戦うのだと思います。

でも、その中でも、平尾誠二さんへの感謝の気持ちが一番大きく山中亮平の胸の中にはあるのでしょう。

苦しかった時代を乗り越えてきた、山中亮平の一世一代の晴れ舞台をしっかりと目に焼き付けたいと思います。

体を張った素晴らしいプレーをしてくれるんじゃないでしょうか。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 田中史朗

    田中史朗に前回ワールドカップでの自らの役割を託す廣瀬俊朗

  2. パシフィックネーションズカップ優勝

    『ラグビー・パシフィックネーションズカップ』で5年ぶりに優勝した日本

  3. トップリーグでラグビーワールドカップ日本代表選手を応援しよう!

  4. ラグビー芸人が日本開催ラグビーワールドカップを盛り上げる!

  5. 堀江翔太の感動をよぶ献身的プレーがアイルランド戦勝利の一因

  6. オーストラリア―イングランド ラグビーワールドカップ準々決勝を予想!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。