地上波で放送されないラグビーワールドカップの好カードを紹介

フィジーのランニングラグビー

日本がアイルランドを破ったことで、俄然盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ

日本とアイルランドの試合を観て、ラグビーに初めて深く興味を持ったという人も増えているようです。

ラグビー日本代表がアイルランドに勝利

今までは、日本の試合しか見なかったという人も、せっかく日本でワールドカップが開催されているという人生に一度の機会なので、色んな国のそれぞれ特色のあるラグビーを楽しんでもらいたいですね。


決勝トーナメントに入ると、全ての試合は地上波で放送されます。

日テレNHK(BS1)のどちらかで放送されることになります。

ただ、予選プールは、JSPORTSでしか放送されない試合もあります。

残りの予選プールの試合を一覧表にまとめてみました。

JSPORTSでしか放送されない試合は、分かりやすく青で色付けしました。

予選プールの試合一覧表

興味のある試合が地上波で放送されていればよいですが、JSPORTSでしか放送されていないようでしたら、是非ともJSPORTSでご覧になってみてください。

JSPORTSはスカパー公式サイトから申し込むことができます。

⇒⇒ JSPORTS(スカパー)公式サイト

加入月は無料なので、例えば10月に加入し11月に解約すると1カ月分の料金2,890円(税込)のみで視聴できるわけです。

加入月で解約することはできないので、最低1カ月分の料金(2,890円)がかかってしまうわけですけどね。

でも、JSPORTSでしか放送されない名勝負が何試合かあるので、決して損することはないと思いますよ。


では、JSPORTSのみの放送僕が注目している試合を紹介してみたいと思います。

まずは10/6(日)の「フランス vs. トンガ」ですね。

これは間違いなく熱い試合にあるでしょう。

ここ数年、フランスはチーム作りがなかなか上手くいかず、かつて「シャンパンラグビー」と呼ばれたような、華やかなスタイルのラグビーからは程遠い内容の試合が続いていました。

しかし、このワールドカップでは、観ていてワクワクするような、ボールがよく動く、美しいラグビーを取り戻しつつありますよね。

フランスの美しいラグビー

トンガのような強いフィジカルを持った、ガンガンと前に出てくるようなチーム相手であれば、そのフランスの美しく芸術的なパスラグビーが一気に花開く可能性もあると思います。

フランスはこの試合で勢いをつけて、予選プール最終戦のイングランドに臨みたいところだと思うので、素晴らしいラグビーを見せてくれるのではないでしょうか。


そして次に10/9(水)の「ウェールズ vs. フィジー」です。

フィジーは、格下のウルグアイに屈辱の敗戦を喫したあと、ジョージア戦では得意のランニングラグビーを披露して圧勝しました。

7人制ラグビーのような、痛快に走りまくるラグビーはフィジーにしかできない本当に楽しいプレーの数々でした。

フィジーのランニングラグビー

そんなランニングラグビーをウェールズ相手にどこまで発揮できるのか、非常に興味深いですね。

ウェールズのラグビー

フィジーにとっては予選プール最終戦であり、決勝トーナメントに進出するためには絶対に勝たねばならない試合でもあるわけです。

熱い試合になること間違いなしですよ。


最後に、10/13(日)の「アメリカ vs. トンガ」を是非とも挙げたいですね。

プールCで下位の2国となるため、注目度は低い試合だと思います。

ただ、両国ともにワールドカップ最終戦で、何らかの爪跡を残そうと必死になるのは間違いないです。

アメリカは、南アフリカのギャリー・ゴールドがヘッドコーチに就任してから急激に強くなってきていますよね。

アメリカのラグビー

いち早く強化に成功した7人制ラグビーの方では、今ではすっかり強豪国の仲間入りを果たして、優勝争いを繰り広げています。

15人制ラグビーも間違いなく強くなってくるでしょう。

そしてギャリー・ゴールドが、ディフェンスコーチとして連れてきたのが、現役当時、世界ナンバー1のアウトサイドセンターと言われていたジャック・フーリーです。

ジャック・フーリーは神戸製鋼でも活躍して、日本でも多くのファンがいます。

ギャリー・ゴールドも神戸製鋼のヘッドコーチに一年間だけ就任していたわけですが、その一年間で神戸製鋼のディフェンスを見違えるほど改善することに成功しました。

そんな元神戸製鋼のコンビが、今はアメリカを率いているというのも興味深いですよね。

そしてトンガも、国の誇りを賭けて、全身全霊でアメリカを倒しにくるでしょう。

トンガのラグビー

両チームともに気持ちが入りまくった壮絶な試合になるのではないでしょうか。

注目度は低い試合なんですが、絶対に見ないと損すると思います。


このように、日本戦以外にも、興味深いカードが目白押しなので、残りの予選プールの試合も存分に楽しみましょう。

⇒⇒ JSPORTS(スカパー)公式サイト

JSPORTSは、テレビでBS放送が視聴できる場合、ネットでの簡単な手続きですぐに視聴できるようになります。

日本でラグビーワールドカップが開催されるという、人生で一度きりの機会を心の底まで楽しみましょう!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 大坂なおみ

    「大坂なおみ」が全米オープンテニスで見せた感動的な優しさ

  2. トニー・ブラウン

    トニー・ブラウンがラグビー日本代表のコーチ残留を決断!?

  3. ラグビーワールドカップについて藤島大と神保哲生が語り尽くす

  4. 福岡堅樹の最後の雄姿(15人制)を見逃すな!

  5. ラグビー芸人が日本開催ラグビーワールドカップを盛り上げる!

  6. エディージョーンズ率いるイングランドはオールブラックスに勝てるのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。