ラグビー日本代表は決勝トーナメントに進む事ができるのか?

アイルランド戦勝利で喜ぶ日本代表の選手

久々に世間でラグビーが話題になることが増えて、本当に嬉しい限りです。

感動のアイルランド戦が終わり、日本が決勝トーナメントに進む事は確実といったような話まで出ていますね。

しかし、決勝トーナメントに進む事は本当に確実なのでしょうか?

ここは少し冷静に、現実的に状況を見ていきたいと思います。


最大の難敵、アイルランドに勝ったことで、決勝トーナメントに進出できる可能性が高まったことは事実ですよね。

ラグビー日本代表がアイルランドに勝利

ただ、まだまだ乗り越えなければならない難敵が残っているわけです。

現実的に見て、決勝トーナメントに進む可能性があるチームは、日本、アイルランド、スコットランドの3つに絞られているわけです。

前回のワールドカップで日本は南アフリカ戦の勝利を含む3勝を上げながら決勝トーナメントに進む事ができませんでした。

南アフリカ戦の勝利

それは4トライ以上取ると1ポイントもらえるボーナスポイントが獲得できなかったからなんですね。

4トライの獲得以外にも、7点差以内の敗戦でも1ポイントが獲得できるのです。

初戦でアイルランドに完敗し、ボーナスポイントを獲得できなかったスコットランドは、サモア戦でもボーナスポイントを獲得できなければ苦しい状況になるところでした。

しかし、そこは流石スコットランドで、試合終了5分前に4トライ目を上げ、値千金のボーナスポイントを何とか獲得しました。

スコットランドのトライ

スコットランドにとって、このボーナスポイントは本当に大きいですね。

そして逆に日本にとっては、非常にやっかいなボーナスポイントとなりました。


2試合を終わった時点での「勝ち点」は、

◆日本 
◆アイルランド 
◆スコットランド 

 
となっています。

「勝ち点」は、勝者に4ポイント、引き分けに2ポイントが付与されます。

アイルランドは残りの2試合を、ロシア、サモアと戦います。

必死になってボーナスポイントを獲りにくるでしょうから、2試合ともに5ポイント(勝利ポイント+4トライ以上のボーナスポイント)を獲得する可能性が高いと思います。

そうするとアイルランドの合計勝ち点は16ポイントとなるわけですね。

スコットランドは残りの2試合を、ロシア、日本と戦います。

まず、ロシア戦はかなりの高確率で5ポイント(勝利ポイント+4トライ以上のボーナスポイント)を獲得するでしょう。

そうすると、日本と戦う最終戦の前に、スコットランドの合計勝ち点は、10ポイントになっているわけですね。

日本は残りの2試合を、サモア、スコットランドと戦うわけですね。

サモアから4トライ以上獲って勝てば14ポイント、ボーナスポイントなしで勝てば13ポイントとなるわけですね。

そのような状況で、日本とスコットランドの最終決戦が行われるわけです。


もちろん日本がスコットランドに勝てば、文句なしに1位通過となります。

引き分けであっても1位か2位で通過となります。

負けた場合ですが、スコットランドが4トライを上げずに、7点差以内の負けであれば、スコットランドが14ポイントとなります。

そして日本は、サモアから4トライ以上獲っていれば15ポイントとなりスコットランドを上回ることができます。

しかしサモアからボーナスポイントを獲得できていない場合、14ポイントとなりスコットランドと並ぶ事になります。

勝ち点が同じ場合、直接対決の勝者が上位となるため、日本がサモアからボーナスポイントを獲得できずに、スコットランドに7点差以内で負けた場合、スコットランドが決勝トーナメント進出となるわけです。

日本はサモア戦でボーナスポイントを獲得することがとても重要であることが分かりますね。


7点差以上で負けた場合は、スコットランドが決勝トーナメントに進出することになるわけです。

そのように考えると、全く予断を許さない状況であることがよく分かりますよね。

引き分けや7点差以内の負けなんて狙ってできるわけでもないし、負ける時は7点差以上で負けるケースも多いわけなので、結論はとにかく勝たないといけないわけですね。

スコットランドに勝てば文句なく決勝トーナメント進出、負ければ決勝トーナメントに進出できない可能性も高まる、簡単にまとめるとそんな感じですね。


スコットランドとの試合が、まさに最終決戦のような様相を呈してくるわけです。

決して楽観できないわけですが、日本代表の選手たちは、7点差以内の負けや引き分けの事など一切考えておらず、しっかりとスコットランドに勝ち切ることしか考えていないでしょう。

田村優がアイルランド戦の試合後、語っていましたよね。

「アイルランドに勝つということを信じていた人僕たち以外にいなかったと思います」と。

田村優

かなり期待はしていたけど、本当に勝つとは思いもしなかった、という人が大多数だったのかもしれません。

そういう僕自身も恥ずかしながらそれに近い心境でした。

なので、上記のような客観的な状況は把握しつつ、試合になれば、引き分けや7点差以内の敗戦など微塵も考えず、ただ日本代表が勝つということだけを強く信じていきたいと思います。

アイルランド戦で見せた選手たちの気迫があれば、スコットランドにもしっかりと勝ち切ってくれるはずです。

スコットランドとの試合、選手たちを信じて、必ず日本代表が勝つと信じ切って、最後まで見届けたいと思っています。

スコットランドとの最終決戦は、10月13日(日)の夜7時45分にキックオフとなります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ウルグアイ国歌を熱唱する可愛い少年が感動を呼び起こす!

  2. 南アフリカがイングランドを下してワールドカップは終焉

  3. 福岡堅樹

    ラグビー日本代表がトンガ代表に完勝!JSPORTSで見逃配信中!

  4. 田村優という絶対的な司令塔【ラグビー日本代表の選手紹介】

  5. 福岡堅樹の最後の雄姿(15人制)を見逃すな!

  6. 『ジャパンラグビートップリーグカップ2019』 神戸製鋼優勝!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。