『テニス全米オープン』錦織圭が2年連続7度目の1回戦突破

いよいよテニスの全米オープンが始まりましたね。

8月26日に開幕した全米オープンテニス。

早速1回戦に第7シードの錦織圭が登場し、世界ランク205位のM・トランジェリティ(アルゼンチン)と対戦しました。

全米オープンの錦織圭

格下の相手であり、普段であれば全く安心して見ていられるわけですが、直前に怪我をしていた錦織圭だけに、どこまで回復しているのか気がかりでした。

しかし蓋を開けてみると、6-1、4-1とリードした段階で、相手のM・トランジェリティが途中棄権し、危なげなく圧勝の滑り出しとなりました。

錦織圭とトランジェリティ

この日の錦織圭は、試合の入りから、かなり体の調子も良さそうでした。

第1ゲームでキレのあるパッシングショットを決め、いきなりブレークする展開となりました。

その後も錦織の勢いは止まらず、第3ゲームもトランジェリティのサービスゲームを破り、そのまま25分で第1セットを取りました

第2セットに入っても攻撃の手を全く緩めない錦織はブレークを含めて3ゲームを連取。

そして、第3ゲーム終了の時にトランジェリティがメディカルタイムを取ります。

その後、ゲームは続けますが、やはり怪我の具合が良くないようで、第6ゲーム途中で棄権することとなりました。

5セットマッチの4大大会では、体力を温存して次の試合へと勝ち進むことが上位進出するためにとても大切なことになります。

なので、最高の滑り出しといえるでしょうね。

全米オープン一回戦で勝った錦織圭


2回戦は、世界ランク108位のB・クラン(アメリカ)と対戦することが決定しました。

ここも危なげなく体力を温存しながら勝ち進んでもらいたいものです。

全米オープンは、錦織圭が最も相性の良い4大大会だけに、今年こそは何とか優勝してもらいたい!と望んでいるファンは本当に多いですよね。

どの4大大会も、格下相手の序盤はしっかりと勝ち切って上位進出を達成する錦織圭。

ただ、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどはほぼセットを失うことなく、体力を温存して勝ちあがってきている一方、錦織圭はフルセットマッチを戦ったりして体力をかなり消耗した状態で上位選手と戦わざるを得ない、という事が多いですよね。

フレッシュな状態のフェデラー、ナダル、ジョコビッチなどに対して、満身創痍の錦織圭が挑む、そのような光景を今までの4大大会で何回も観てきました。

錦織圭が最高のコンディションであれば、もっと良い試合をできただろうになぁと悔しい思いをした時が何度もありました。

今回こそは、そこまで疲弊し切らない状態で上位選手との試合を見てみたいですね。

準決勝まで順調に勝ちあがることができれば、そこでフェデラーと対戦することになりそうです。

全米オープンで錦織圭とフェデラーが対戦する、それだけでもワクワクします!

錦織圭が勝ち進めば、寝不足の日々が続きそうです(笑)


テニス全米オープンはWOWOWで放送中です。

⇒⇒ WOWOW公式サイト

  • コメント: 0

関連記事

  1. アーロン・スミス

    ニュージーランドのアーロンスミスが見せた世界最高峰のサポートプレー

  2. スコットランドに勝った日本代表

    ラグビー日本代表選手の年棒はどれくらいなのか?

  3. 南アフリカがイングランドを下してワールドカップは終焉

  4. 『ジャパンラグビートップリーグカップ2019』 神戸製鋼優勝!

  5. ラグビー日本代表

    スコットランドに勝った日本代表のラグビーが世界中から賞賛されている

  6. 姫野和樹

    ラグビー日本代表がフィジー代表に快勝!見逃した方はJSPORTSで

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。