『ハケンの品格(2020)』の感想

『ハケンの品格(2020)』の感想を各話ごとに書いていきたいと思います。

『ハケンの品格』が13年振りに帰ってきましたね。

13年も経ってるわけですが、大前春子演じる篠原涼子が全然変わってなくてびっくりしましたよ。

13年前よりも更に魅力が増してるって凄いですよね。

2007年と2020年の現在では、激動と言ってよいほど社会のあらゆる面で色んな事が変わりました。

ハケンの品格(2020)

会社と社員の関係性、あるべき理想の働き方、そして「派遣社員」に対する考え方も変わりましたよね。

ドラマ内でも、パワハラ、セクハラ含め、現在の社会を描こうという意識を感じました。

派遣社員について

『ハケンの品格』第一話の感想

では、ここから『ハケンの品格』第一話を観た感想を書いてみたいと思います。

ドラマの冒頭から、登場人物が出ているたびに、その人物の年収が表示されるんですよね。

これがリアルで(笑)、見ていて何とも言えない気持ちになりましたよ。

表示された年収はこんな感じでした。

■千葉小夏(山本舞香)22歳 新人派遣社員
⇒ 年収258万円

■福岡亜紀(吉谷彩子)29歳 派遣社員
⇒ 年収277万円

■井手裕太郎(杉野遥亮)23歳 S&F新入社員
⇒ 年収340万円

■三田貴士(中村海人)22歳 S&F新入社員
⇒ 年収340万円

■浅野務(勝地涼)35歳 S&F主任
⇒ 年収600万円

■里中賢介(小泉孝太郎)43歳 S&F課長
⇒ 年収970万円

■宇野一平(塚地武雅)45歳 S&F部長
⇒ 年収1,110万円

派遣社員の年収が少ないのは分かっていたことですが、一番厳しいのは派遣社員と正社員の給料の伸び率の差ですよね。

派遣は年齢を重ねてもほとんど給料が伸びてないですよね。

福岡亜紀は30歳間近になって、派遣として働ける職場の選択肢が少なくなってきていることに悩んでいます。

派遣として働ける職場

たぶん学校を卒業して、10年近く派遣社員として色んな職場で頑張ってきたのでしょう。

それなのに新人派遣社員と給料にほとんど差がない。

そして年齢を重ねる毎に、その少ない給料をもらえる保障もなくなってくる。

将来に対してこんなにも不安なことはないですよね。

福岡亜紀がセクハラに甘んじて耐えているのも、そのような「不安」が大きな要因ですよね。

福岡亜紀がセクハラされる


福岡亜紀がセクハラされ、それを見た千葉小夏が我慢できなくなって人事部に相談する場面がありました。

匿名のはずだった相談が、実際はセクハラ社員を守るために、派遣二人の首を切る為の面談にすり替えられてしまったのですね。

そんな二人の窮地を、大前春子(篠原涼子)と里中賢介(小泉孝太郎)が見事に救いました。

大前春子(篠原涼子)

仕事が終わると、サッサと引き上げようとする大前に、里中が言いました。

「派遣の気持ちを一番よくわかっているあなたから、この人たちに何か言ってください。」

それを受けて大前春子は、人事部の連中に向かってこのように言いました。

「死ぬほど嫌な目にあった次の日も派遣が笑顔で出勤するのは、生きるためです。」

「生きるために、泣きたくても、笑ってるんです。」

「有給たっぷりの皆さんとは、違うんです。」

大前春子のこの言葉を、福岡亜紀と千葉小夏は涙を流しながら聞いていました。

普段は絶対に表には出てこない「派遣の本音」の最も深い部分を、ズバッと言い切った大前春子。

特に、年齢的な事からも大きな不安を感じている福岡亜紀は、この言葉で救われたのでしょう。

自分が心の奥底に秘めている事を、誰かに代弁してもらうことで、もう本当に人生が救われたと感じることってありますよね。

そのような事を感じる美しいシーンでした。


『ハケンの品格』

僕は大前春子のこのような本質的な言葉を一番楽しみにしているんです。

あまりにも言動が極端で、安っぽいコントを見てるように感じる時もありますが(笑)、ここ一番のセリフには心を動かされます。

第二話以降も新しい『ハケンの品格』を楽しみたいですね。

また感想を書いてみたいと思います。

『ハケンの品格』第二話の感想

『ハケンの品格』第二話

『ハケンの品格』第二話の感想を書いてみたいと思います。

第二話は、22歳の新人派遣社員、千葉小夏(山本舞香)が主役でしたね。

しかし、千葉小夏演じる山本舞香は本当に可愛いですねぇ(笑)

千葉小夏のファッションも素敵で、毎日のコーディネイトが凄くいいなぁと思います。

そんな千葉小夏の活躍苦悩が第二話の中心でした。

S&Fで商品開発の仕事がどうしてもやりたくて入社試験を受けたのに落ちてしまった千葉小夏。

S&F

そして派遣社員としてS&Fにやってきたわけですが、やる気のない正社員に我慢ならないわけですね。

派遣社員は雑用ばかりやらされて感謝すらされないのに、やろうと思えばなんだってできる社員に全くやる気がない。

悶々としている時、新しい企画を提案するという待ちに待った機会が訪れたわけです。

新しい企画

ただ、そこで色々と事件が発生して、派遣社員としての限界を思い知ることになってしまったわけです。

あまりにも辛くて、大前春子(篠原涼子)に、

「派遣は仕事にやりがいを持っちゃいけないんですか?」

と涙ながらに質問します。

「派遣は与えられた仕事をこなすだけ。『やりがい』などという目に見えない不確かなものが契約に含まれていないことをむしろ喜ぶべきだね。」

と言われたけど、その意味がよくわからないし、納得もできない小夏。


その後、二転三転あって、千葉小夏が提出した企画が見事採用されることになったわけです。

浅野主任にも褒められ、そして深く感謝され、S&Fに来て初めて仕事を通して満たされた気持ちになった小夏。

そして大前春子から、このように言われました。

「派遣は会社の責任は取れませんが、派遣にだって取るべき責任はあります。それは自分に対する責任です。」

「派遣なんかなどと、自分の仕事を軽く低く考えるのは、あまりにも自分に対して無責任。明日から止めなさい。すぐにやめなさい。」

含蓄のある素晴らしい言葉の数々ですよね。

「自分に対する責任。」

と、一人になった後、大前春子の言葉をもう一度繰り返し、噛みしめながら、明るい笑顔を取り戻す小夏。

自分が「やりがい」を得られない原因を、派遣だからという自分では変えられない環境のせいにしていた今までの自分。

そんな未熟な自分を戒めるような心境の変化を見せた小夏。

変えられない環境を嘆くのではなく、自分に対する責任を全うすること。

このような小夏の大きな成長に、大前春子の言動が大きな影響を与えたのは間違いないですね。


普段は「完全な効率主義者」のように見える大前春子。

でも、時折見せる深い愛情が込められた表情や言葉から、鉄仮面のような無感情の外面とは全く違った、温かい内面を持ち合わせていることは間違いない春子。

春子をそのようにさせている要因は、「大いなる危機感」なのかもしれませんね。

派遣社員を部外者扱いし、「会社は船で社員は家族」といった昭和を彷彿させるような古い価値観しか持ち合わせていないS&Fの社長。

S&Fも、古い社長のせいでこのままだと沈没すると予言する春子。

沈没

また、本当に美味しく安く、温かみのある町の小さなお蕎麦屋さんが潰れてしまう光景を目の当たりにして、「本当によいもの」であったとしても生き残るのが難しい時代だと痛感しているようにも見える春子。

町の小さなお蕎麦屋さん

個人も会社も、変わらないと沈没してしまう。

大きな悲壮感を持ち、何らかの「大いなる覚悟」を持ってS&Fに13年振りに復帰したように見える春子。

それが何なのか、これから回が進むにつれ、具体的に見えてくるのでしょうね。

次回が更に楽しみになりました♪

『ハケンの品格(2020)』第三話の感想もまた書きたいと思います。

『ハケンの品格』第三話の感想

『ハケンの品格』第三話

『ハケンの品格』第三話の感想です。

第三話、僕は一番面白かったですね。素直に感動しました。

第三話は「カレー」の話。

カレー

そして「ハケンの品格」というより、「バイトの品格」といった回でしたね。

SNS炎上、バイトテロ、それによる不買運動という、昨今世間を騒がせたようなテーマも扱っていました。

でも、一番の注目ポイントは、あの大前春子が、その生き様を深く尊敬する人物が登場したということでしょう。

その人物とは、高い役職などといった社会的地位には全く縁のない、バイトの牟田さん(六角精児)です。

バイトの牟田さん

S&F食品の社員食堂は、カレーが抜群に美味しいということで評判でした。

そのカレーを22年間のも長きにわたって、薄給のバイトという立場で作り続けたのが牟田さんだったのです。

そんな牟田さんのおかげで、素晴らしいカレーが作られていたということなど社員は知るはずもなく、コストカットと称して簡単に首にしてしまったのです。

それから色んな騒動があり、辞めた牟田さんのカレーの味を、大前春子が再現させる役を命じられたのですね。。

牟田さんのカレーの味

牟田さんの指導を受けながら、あの伝説のカレーの味を再現させようと奮闘する春子。

徹底的にこだわり抜いたカレーであったことを知った春子は、

やり過ぎるくらいこだわるとこ、あの頃から変わってないね。」

と言葉をかけるのです。

春子と牟田さんは20数年前に、インド大使館で一緒にカレーを作っていた同志だったんですね。

バカの一つ覚えで、カレーしか作ってないもんな。」

と答える牟田さん。

そしてそのあと、春子は今まで見せたことのないほどの優しく柔らかい笑顔を牟田さんに見せたのでした。

春子は、牟田さんのように、一つの仕事を長年に渡って徹底的にこだわり抜く、職人のような存在に対して深い尊敬の念を抱くようです。

牟田さんのカレー

そして社長に向かって、このように言い放つのでした。

「社員の喜ぶ顔を見るために、毎朝、気持ちを込めて玉ねぎを炒め、安くておいしいカレーを作る。そういう立派な仕事をする人が、もっと報われるべきです。」

「牟田さんはバイトでも何でもいいから、ずっとここで働いていたかった。勤務時間中、副業にうつつを抜かすそこらへんの社員と比べるのもおこがましい。」

どんな「権威」に対しても臆することなく、「正しいこと」を真正面から言い放つ。

普段は極端に不愛想だけど、「弱い立場の人」に誰よりも優しく寄り添い、そして自らの超人的能力を発揮して救っていく。

そんな大前春子の魅力がいっぱい詰まった回でしたよ、第三話は。


日本は沈没するから「円」は持っていない。資産はドルとユーロだけ。

ということも第三話で判明しました。

口癖のように「日本は沈没する」と繰り返す大前春子。

回を重ねるごとに、果たしてそれがどのような結末へと繋がっていくのか、非常に楽しみですよね。

『ハケンの品格(2020)』第四話の感想もまた書きたいと思います。

Huleで『ハケンの品格』を観る

  • コメント: 0

関連記事

  1. 中山美穂主演WOWOWドラマ『彼らを見ればわかること』の感想

  2. 『ノーサイド・ゲーム』に登場する本物のラグビー選手・廣瀬俊朗って?

  3. 『知らなくていいコト』第一話の感想【ネタバレあり】

  4. 東京ラブストーリー(1991年)の動画をリメイク版を見る前にチェック

  5. 教場

    教場 動画配信はFOD キムタクの新境地が見られる名作ドラマ

  6. 国内ドラマが充実している動画配信サービス一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。